エントリー

2011/02/26

  • 2011/02/26 15:28
  • Category:MEMO

ファイル 112-1.jpg

第28回 ザ・チョイス大賞の東京展が終了いたしました。
ご来場いただき有難うございました!
大阪と名古屋にも巡回しますので、宜しくお願いします~
------------------------------------------------------------------------------
大阪展 2011年5月9日(月)〜5月19日(木) ペーパーボイス(平和紙業)
名古屋展 2011年6 月7日(火)〜12日(日) セントラル・アートギャラリー
------------------------------------------------------------------------------

あ、あと…締切が28日なのですが…
イラストレーション誌とROOTOTEのコラボレーションとしてトートバッグを作って頂きました(受注生産のようです)
ツイッターで呟いたところ、お申込頂いたようで、おおお…!
自分の絵がテキスタイルになるのは面白いですね、テキスタイルを想定して描いていないので自分としては不思議な感じもあります…
墨とコットンの色って合うね

2011/02/23

  • 2011/02/23 15:28
  • Category:MEMO

ファイル 111-1.jpg

ツイッターを眺めていると、世界中で起こっている(狂った)話が
滝のように落ちてくる。
そのどれもが、それぞれの立場から訴えていて
茂木健一郎の発言も、大阪都知事の発言も、カダフィの発言さえも、同一に滝のようだ。
(もちろん、内容はそれぞれ違う)

滝を浴び続けると、その轟音に、何も聴こえなくなりそう

2011/02/16

  • 2011/02/16 15:29
  • Category:MEMO

ファイル 110-1.jpg
絵を一枚アップしました。

アパートが決定までの経緯など
続き
アパートが決まったのですが、さすが春からノン!職業だけあってか、大変でございました。

借りるにあたっての審査1:預貯金の公開
いきなりその場で預貯金を公開するわけです
今のアパートは大学入学以降に一度引越しているのですが
そんなプレイを強要されたことはなかった(学生だから)
「どのくらい(預貯金が)あればいいのですか?」と聞いたところ
「家賃の十二ヶ月分以上が目安です」とのお答えを頂きました。

わたしの通帳に、その額は…ちょっとこの場で言うんかい!という感じですが、ありました。ありました…が

審査に落ちました
これ、なんで落ちたか教えてくれないのですよね
たとえば目安の金額にいくら足りないから、とか教えてもらえないわけです(個人情報にあたるので)
個人情報って一体…

違う方法でいきましょう、と再度審査を行います。
借りるにあたっての審査2:保証人
ええ、保証人を最初立てなかったのです、連絡先に指定するぐらいでした
最初から書かなかったのはこれ(茂木健一郎氏による連続ツイート「連帯保証人制度は世界の恥である」)を先に読んでいたからです。影響されやすいんです。
しかしこのままでは部屋を借りれないので、承諾を得ていた母を記入しました。母は現在パートをしています。

しかし…
審査に落ちました


その日は朝10時過ぎくらいから、その場にいたのですが
ちょうど14時くらいでした。実は友達もその場にいてあーだこーだ言ってくれてます。

賃料が○万円以下という指定でしぼって6部屋出していました。しかし審査に通らなかったので5部屋がボツに!
ただ「審査に通らなくても貸してくれる大家さん」が管理している1部屋は残り、その後中間業者さんが大家さんを口説いてくださった1部屋、合わせて2部屋だけ見に行きました。

このあたりで、私の脳内はカラスヤサトシの「おのぼり物語」の冒頭が駆け巡っています。

外はみぞれのような雪が降ってきました。びちゃびちゃ~

一部屋目
ここは最初から○万円以下という条件で出していたところです。審査に落ちた私でもOKという!
部屋は2Kでトイレ・お風呂別。とってもひろーいのです。
新人さんの運転で部屋に向かいます。新人さんは「モバゲーで月3万くらい使っちゃうんですよ~HAHA」という感じです。道に迷いおった。

部屋は二階でした。階段の段差が高くて酔ったら落ちちゃいそうです。新人さんが扉を開けました。
中は想像通りとても広かったです。畳の部屋に移ります。畳だと実家のようだなあ…と思いながら、下を見ます。
なんか 固体を含んだシミが 広範囲に 壁に

外は雨が降っています。部屋は薄暗く、シミは広がる…

駄目です、この部屋は駄目です。こわいです。すいません大家さん、審査落ちた私でも住まわせてくれる部屋なのに、とてもこわいです。こわい!モバゲー3万の新人さんが「畳は替えますよ~HAHA」と笑っています!シャラップ!!壁はミシミシいうとるやんけ!!
いや、実際、私の大学付近にはこういうアパートは沢山あり、人も沢山住んでいます。しかしこのアパートすべての部屋のポストはガムテームで止められ、ガスのメーターはゼロを指しています。
誰も住んでいない


隣が空き部屋だったりすると自分の生活音をあまり気にしなくてもいいわけですが、すべて空き部屋、すべて空き部屋ってこわいですね。このシミの恐怖と一人で戦うのか!わたし、廃墟とか好きなのですが、住む場所には無理みたいです。にわか廃墟好き!というか廃墟と空き部屋は違う!グッバイ!
(シミの正体が何かは分かりませんでしたが、こわかったのでやめました。印象って大事)

そういうわけで二部屋目にいきました。
ホワイト○○というアパート名のくせして外壁が薄緑でしたが、もはや選ぶ余地などありませんでした。前の住人が残留物としてエアコンを置きっぱなしにしてくれていました。有難う!シミがないフローリングがとっても固い!!決定です!おめでとうおめでとう!ノーマネーノーライフ!!!

Archive

Entry Search

エントリー検索フォーム

Feed